【二世帯住宅建築の、盲点。・・・大丈夫ですか?】

セレシススタッフのTです。
平成27年の相続税制改正後「二世帯住宅」の大きな効果を感じとった方は多いと思います。
ですが中には「二世帯」といっても、親夫婦・子夫婦・孫の三世代の家になる場合も
ありますので、親夫婦:60代・子夫婦:30代・孫:小学生2人の合計6名
というような構成も想定されます。(主に親夫婦が土地の所有権者)

家庭用パソコンが普及し始めたのが約30年前。
今は小学生もスマホを使いこなす時代です。
それぞれ育った時代、使う機械・情報環境は、大きく違います。

【そこで重要なのがご家族内の意見調整です】

・二世帯住宅の、計画当初にそれぞれの世代の生活習慣、世代間の
 世代間コミュニケーションの確認と、それぞれ個々の思いをセレシスが
 聞き取り、関係者全員のご意向の調整と生活動線の設定・設計への反映がとても大切となります。

・それぞれがイメージされる、構造やハウスメーカーも違う場合があります。

・セレシスでは、関係者全員のご要望ニーズとハウスメーカーへのイメージを
 調整しながらご希望ハウスメーカーのプレゼンテーションを運営し
 比較と競争のサポートを行いつつ、1社に絞り込み決定されるまで、
 秘書役・調整役としてお手伝いして参ります。(サポートは無料です)

ご計画には世代間の調整が必要と思われるお客様、
まずはご相談からとなりますが、お問合せフォームから情報送信ください。
こちらです。クリックしてください。https://www.selesys.net/request/

セレシスでは、住宅の「漠然とした段階」からサポート可能です!

こんにちは、セレシススタッフのHです。1年の始まりに際し、今年こそはマイホーム、リフォーム等とお考えになられた方は多いのではないでしょうか?
そこでこれから住宅をお考えのお客様にお伝えしたい事がございます。

新築の供給元であります「モデルルーム1社からの商談」は、新築が得意なスタッフが常駐しておりますので、どうしても「新築ありきの商談」に自然と進んで行く傾向にあります。ですがお客様が建築を実際に計画する場合「一戸建ての新築」だけが答えではないと思います。

「新築一戸建ても考えたいけれど、場合によってはリフォームや賃貸併用・住み替えも検討、そもそもハウスメーカー系になるか工務店系になるかも状況次第・・」という「多方面視野からの検討も同時並行でしたい」というお客様が最近は特に出会う事が多いです。

そこで、これから住宅検討をされるお客様におかれましては
大きなお買い物となりますので結論は急がずに、
まずは「スタッフ全員が宅地建物取引士保有のセレシス」ならではの、
プロによる総合的な住宅・不動産相談からの検討開始を
是非ともお奨め致します!

3 / 1112345...10...最後 »
旭化成ホームズエス・バイ・エル三洋ホームズスウェーデンハウス住友林業東京セキスイハイム積水ハウス
大成建設ハウジング大和ハウス工業東急ホームズパナホーム東日本ハウスミサワホーム多摩ミサワホーム東京
三井ホーム三菱地所ホームウェルダン
ハウスメーカーの比較や評判なら家づくりサポートのセレシス 家づくり(建て替え)のAtoZ