サービス無料の仕組 セレシスでのサービスはネット上の住宅展示場ですので終始無料でご利用可能です。

鉄骨住宅購入は今のうち?

セレシススタッフのHです。今回はハウスメーカーでは現在もなお主流構造であります
「鉄骨造住宅」についての話題をお送りします。 最近の業界動向として、鉄骨系のハウスメーカーが木造商品の新規参入や商品強化につとめる
動向が顕著です。 鉄骨住宅は「工場の生産ラインの稼働状況」がコストダウンや製造効率的には重要ですので、
世帯数の減少等により住宅の購買需要が下がる時代になりますと、大量生産のコストメリットが
出しにくくなり、その結果「鉄骨住宅商品の売上貢献率」が下がってしまいます。 そのため、鉄骨に比較すると上記要因に影響され難い木造商品が「先を見る企業の
商品開発としては相性の良い構造」という流れになっていくのです。 建築資材と人件費の影響による物価上昇も昨今話題にはなりますが、こうした業界の流れも
併せで重要ですから「大手ハウスメーカーで夢の鉄骨住宅」をご希望のお客様におかれては、
買い時を是非見極めていただき活動されるのが宜しいと思い、
アドバイスさせていただきました。

リビングと一体の和室ご計画について

セレシススタッフのSです。

リビングと一体空間に作る和室のご要望をいただくことが多くありますが、実際お打合せをしているうちにご要望が変わったり、和室のご計画がなくなってしまうこともあります。

客間のご利用が明確であれば、プライベートスペースとして機能するように建具(扉)などもしっかりご計画する必要があります。

しかしながら「お子様を遊ばせる」「洗濯物をたたむ」「ご両親様が年に1度泊まりに来る程度の客間」スペース等の場合には、置畳等を利用し和室として使わない時には畳を収納してしまう等、使う時だけ和室空間を臨時に作り対応するという結論に、最終的には落ち着くお客様も多くいらっしゃいます。

また「年齢が上がるとイスの方が楽」という方も多くなり「和室として使っていた部屋を洋室に変更」するリフォームも多いと聞いております。

この様に、和室を計画される際には目的や利用頻度を十分にイメージしながら進める必要があると感じております。

1 / 712345...最後 »
旭化成ホームズエス・バイ・エル三洋ホームズスウェーデンハウス住友林業東京セキスイハイム積水ハウス
大成建設ハウジング大和ハウス工業東急ホームズパナホーム東日本ハウスミサワホーム多摩ミサワホーム東京
三井ホーム三菱地所ホームウェルダン
ハウスメーカーの比較や評判なら家づくりサポートのセレシス 家づくり(建て替え)のAtoZ