サービス無料の仕組 セレシスでのサービスはネット上の住宅展示場ですので終始無料でご利用可能です。

「建築基準法改正」につきまして

昨年、平成30年6月27日に「建築基準法改正の法律」が公布されました。
「準防火地域内の建ぺい率10%の緩和」等の、私たちにとって重要な改正が
含まれておりました。こちらが今月6月26日には施行(法律が有効になる事)される見込みとなりましたのでお知らせ致します。

1.準防火地域内の建ぺい率10%の緩和について
 
従来は「防火地域内の耐火建築物は建ぺい率を10%緩和」されてきました。
今回の改正で「準防火地域内の耐火建築物」及び「外壁や窓の防火性能を耐火建築物以上に高めた建築物」について「建ぺい率が10%緩和」されます。

2.角地の土地について

特定行政庁が角地と指定した土地については、10%の緩和があります。
この角地に上記1.の「準防火地域内で、耐火建築物・外壁や窓の防火性能を耐火建築物以上に高めた建築物を建築」する事で

10%+10%=20%
の建ぺい率緩和が受けられる事となります。

市場で期待される効果:賃貸住宅で従来の基準では採算が合わなかったケースでも、今回の改正の緩和活用により採算が改善するケースもあると推定されます。 
セレシスでは、こうした個人住居以外の賃貸住宅設計プランの作成は勿論の事
シミュレーション試算・利回り想定まで、一貫サポートできますので、お問い合わせシートにてお送りください。 お問い合わせは、https://www.selesys.net/request/

本当の住宅の買い時とは?

セレシススタッフのHです。今回は住宅購入のタイミングについてです。

まず大きく分けて二つの要因に分類されるかと思います。ご自身の身の周りの状況が作り出す内的要因と、社会情勢の変化がもたらす外的要因です。

内的要因:結婚・子供・両親(相続)・転勤(社宅転居)
など、ご自身の身辺の変化が住宅購入に連なるもの

外的要因:税制・金利(市場)動向など、政府の政策などが
住宅購入に連なるもの

です。

今のトレンドはまさに「消費税増税前の駆け込み時期」ですが、外的要因にばかり目を向けて焦ってしまい、大事な内的要因の方を疎かにしてしまうお客様も、過去の増税前の駆け込み時期には少なくありませんでした。

セレシスでは、これらの要因を総合的にお客様一人一人毎に詳細検証し、しっかりとした情報収集の上コンサルティングを行い、お客様にとって適正な住宅購入時期をアドバイスさせていただいております。

「ご自分のペースで家選びをされたい」お客様にはセレシスのご活用がお奨めです。まずはお気軽にお問い合わせください!

1 / 812345...最後 »
旭化成ホームズエス・バイ・エル三洋ホームズスウェーデンハウス住友林業東京セキスイハイム積水ハウス
大成建設ハウジング大和ハウス工業東急ホームズパナホーム東日本ハウスミサワホーム多摩ミサワホーム東京
三井ホーム三菱地所ホームウェルダン
ハウスメーカーの比較や評判なら家づくりサポートのセレシス 家づくり(建て替え)のAtoZ