賃貸併用住宅のメリット【その3:賃貸併用・二世帯住宅の問題点と解決手段】

こんにちは、今回はセレシススタッフのTが全3回に渡る「賃貸併用住宅のメリット」につき、お送り致します。【その3:賃貸併用・二世帯住宅の問題点と解決手段】

問題点「横及び上下の別世帯との音の問題」があります。

統計上、賃貸住宅の入居者間のトラブルの内(入居者の定着率を下げる要因)の上位にランクされるのが音の問題です。

音の問題は「A:設計プラン段階で世帯間を意図的に離す」
「B:建材の遮音値を向上させる」の2案が代表的改善案と言われております。ですが実際のプランニングでは「お土地一杯に建物プランを入れたいのでAでの問題解決は困難」というのが現場の実情です。そこで重要なのがBになります。

近年、横の遮音技術は各社良い建材が出揃ってきておりますが、上下の遮音技術に関しては、各社差が明確に出てきている事をご存じでしょうか?(L値といわれる測定基準)

ハウスメーカー数社は、従来に比べ高性能の遮音床構造を既にオプション工事等で採用しております。セレシスではこうした性能比較も得意としておりますので、ご相談いただければ歓迎いたします。

賃貸併用住宅のメリット【その2:具体的な資金メリット】

こんにちは、今回はセレシススタッフのTが全3回に渡る「賃貸併用住宅のメリット」につき、お送り致します。【その2:具体的な資金メリット】
賃貸併用・二世帯住宅の建物形態がなぜお得なのか?(添付別図参照)

<例>
【現行計画 図の左】2階建 1階:親世帯・2階:子世帯 計画の場合
(建ぺい率:60% 容積率:200% 3F建可能エリアが対象)

【提案計画 図の右】2階:賃貸住宅を設定 3階:子世帯ゾーンを上げます

なぜメリットが出るか?:2階に設定された賃貸住宅は、既に基礎と屋根のある状態で追加できるため建築費が割安です。

例えばこの提案で2階に20坪の賃貸ゾーンが取れる場合、賃貸市場 1万円/坪で見込めれば、単純試算ですが月間20万円の賃貸収入が得られます。
(管理等経費:-2万円試算でも+18万円残ります)

賃貸併用住宅のパターン図はこちら 201604

事例参考リンク
http://www.selesys.net/report/201510/

セレシスでは、この様な「賃貸併用住宅への提案を検討するための設計プラン」も無料で作成支援可能です。

次回は【その3:賃貸併用・二世帯住宅の問題点と解決手段】です。

1 / 212
旭化成ホームズエス・バイ・エル三洋ホームズスウェーデンハウス住友林業東京セキスイハイム積水ハウス
大成建設ハウジング大和ハウス工業東急ホームズパナホーム東日本ハウスミサワホーム多摩ミサワホーム東京
三井ホーム三菱地所ホームウェルダン
ハウスメーカーの比較や評判なら家づくりサポートのセレシス 家づくり(建て替え)のAtoZ